« 入社初期のプログラミング能力 | トップページ | 小さな会社で働くことのメリット1 経営者の近くにいられるということ »

最初の3年間は一所懸命に働くということ

僕は会社に入ってから3年間の間は、とにかく一所懸命に働こうと決めていた。

それは、会社に貢献できるようになる(つまり、一人で仕事ができるようになる)までは、それくらいの時間がかかるだろう、というのもあったが、それ以上に、

その会社のビジネスの本質は、おそらく3年間は理解できないだろう

と思っていたからだ。後になって、ソニーの盛田昭夫さんが、同じようなことを言っていたとテレビで笑福亭鶴瓶さんが言っていたのを見たが、おそらく同じことじゃないだろうか。

会社に入って一所懸命に働けば、1年後は、それなりの知識が身に着く。2年、3年たてば、社外の方々に顔も覚えられるようになって、できる仕事も増えてくる。上司に面倒を見てもらうことも減ってくる。会社が小さければ小さいほど、商品やビジネスのサイズ、関わる人も少なくなるのだから、なおさらだ。

しかし、どうしてその製品が売れているのか、または、売れていないのか、お客さんがその製品にお金を出そうとするのか、または、しないのか、どうして、その製品を扱おうとする代理店が存在するのか、どうして、その製品はこの価格なのだろうか、そして結局のところ、どうして自分が毎月当たり前のように給料をもらえているのか、などの深いところは、とうてい、すぐには理解できない。

それは、製品の中身を理解するだけではダメで、まずは

市場を理解しないといけないし、ニーズを理解しないといけない。

小さい会社は、そのニーズを正確につかんでこそ成功するのだが、このあたりがわかっていないうちは、結局のところ、何もわかっていない、ということになる。

しかし、3年という月日は、結構長い。プログラマという職種であれば、3年もあれば仕事は1周か2周して、なんだか仕事が全部わかったような気分になることもある。同じ仕事を繰り返しているうちに、飽きてくることもあるかもしれない。

隣の芝生は青く見えるものだ。時には、プログラマは自分に合ってないんじゃないか、ほかの職業の方が合っているんじゃないか、などと思ってしまうこともある。

実を言うと、僕も他の仕事がしたくなったことがある。それはテレビで、映画のポスターの修復をする仕事に関する番組を見た時だ。見た瞬間、ビビっと来てしまった。僕は、そういうち密な作業が好きなので、僕が本当にやりたい仕事は、これじゃないか!?これを生涯の仕事に、今からすべきではないか!?と思った。ちょうど、仕事が忙しい時期が一段落した時で、気の緩みもあったかもしれない。しばらく頭の片隅にそのことがあったが、3年間はがむしゃらにやろうと決めていたので、絶対にそちらに気持ちが行かないようにした。そうすると、また仕事が忙しくなると同時に、頭の中から消えていった。

また、IT業界で一生懸命働いていれば、ヘッドハントの電話がかかってくることもあるかもしれない。ヘッドハントは、他人から認められた、ということだから、人として素直にうれしいものだと思う。

そこを勘違いして、もう自分は一人前に仕事ができるようになったということで、もっと
面白そうな会社はないか、給料の良いところはないか、と考えて、新鮮な感覚を求めて入社後3年未満で転職してしまうのは、結果的に非常に中途半端になってしまう可能性があると思う。(勤めている会社が、よほど合わない会社であるか、ひどい会社であれば別だが)

しかし、そうした局面があっても、ぐっと我慢し、少なくとも3年間はがむしゃらに仕事に専念することが大事だと思う。3年間仕事をして、初めてわかることがある。6年間仕事をして、初めてわかることもある。お客さんに貢献するとは、どういうことなのか、
プログラマとは、会社内ではどんな役割を果たすべきなのか、会社に貢献するとは、どんなことなのか、また、社会的に見て、プログラマとは、どんな役割を帯びているのか。
(本当のことを言うと、ビジネスの本質は、起業して同規模の会社を経営しないと、わからないこともあるので、結局のところ、キリがないのだが)

もちろん、そういったことの習得スピードは個人差がある。本質を理解するには、ビジネスを客観的に見る必要があり、俯瞰で見る必要がある。そのためには、すぐれたバランス感覚が必要であり、偏った人づきあいや偏った仕事をしていては難しい。また、仕事に対して、生真面目な人ほど、本質を理解するのに時間がかかると思う。僕は、その気真面目タイプなので、時間がかかると思っていた。そういった意味で、少なくとも3年は一所懸命に働こうと決めたのだ。

また、僕は、3年間は絶対に愚痴をこぼさない、ということも心に決めていた。仕事を理解していないうちは、愚痴をこぼす資格なんてない、と思う。なぜなら、愚痴をこぼすほどの仕事を、新卒3年以内でやるはずはないからだ。

それもこれも、小さな会社に入ったからであり、なぜなら小さい会社なら、異動で全く別のことをやることもないと思うので、長くいれば長くいるほど、深く理解でき、また、経営者を含めてすべての社員の様子を直に見ることができて会社の成り立ちの多くを体感することができるからだ。

(続く)

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 入社初期のプログラミング能力 | トップページ | 小さな会社で働くことのメリット1 経営者の近くにいられるということ »

コメント

私はプログラムは独学で学びましたが、3年ぐらい経った頃にようやく理解が出来てきた気がします。
それと、しんどい仕事も2年以上もいると、このままが一番いいのかな?なんて気になってくるようです。
私の場合、その2年がむずかしいわけですが・・・
プログラムを学んで約10年。
あの頃の熱意は冷めましたが・・・

投稿: ジョバン | 2010年4月27日 (火) 04時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初の3年間は一所懸命に働くということ:

« 入社初期のプログラミング能力 | トップページ | 小さな会社で働くことのメリット1 経営者の近くにいられるということ »